nobby@tumblr
(高橋芳朗)メールいただいております。さっきのフリーランスのギャランティーについて。ちょっと耳が痛そうな内容だったら嫌だな。(リスナーからのメールを読む)『私はカメラマンやスタイリスト、ヘアメイクなどのマネジメントをしている業界でも弱小のプロダクションで働いています。表題の件、業界は違えど、みなさん同じ悩みを抱えてらっしゃるようで、興味深く拝聴しておりました。結論から申し上げますと、依頼があった際にざっくりとでもギャラを聞くべきです。それを聞くことは失礼なことではなく、それによって仕事を失うことはありません。その場合、気をつけなければいけないことは、ギャラが安いから仕事を断るということを相手に悟られないようにすることです。お金が安くても、魅力的な仕事はたくさんありますが、そんな依頼が来なくなってしまうのです。ではどうすればいいのか?というと、まずは先方に納期を聞いて、「実はちょうどそのタイミングで仕事があって・・・」と、スケジュールがたまたま厳しい旨を伝えます。その後に、「ぜひやりたいので調整させてください。ちなみに、予算ってどんな感じですかね?」と聞くのです。もし希望のギャラでなければ、翌日などに電話して「すいません。スケジュール調整できませんでした。とてもやりたかったので、またぜひ声をかけてください」と伝えてください。きっとまた声をかけてくれるはずです。メールではなく、電話する方がより効果的です』と。

(ジェーン・スー)天才の答えが来た!(拍手)

(高橋芳朗)天才現る!(拍手)

(ジェーン・スー)リスナーさん、正解をありがとうございます!

(高橋芳朗)ありがとうございます。

信助さん(以下、信) 電話借りられませんか? お金は払いますので。

西口交番警官(以下、警) 貸すときは貸すので。そのときはお金もいらないので。

 すぐほしいんですよ。(携帯の)充電器がないので。

 警察官は携帯を持ってないんですよ。

 いや、電話でいいですよ。これ(交番の電話)、外線につながってますか。

 つながるけど、一般の方には原則お貸ししないんですよ。

(その後、「暴行の被害者」として「任意同行」という名目で新宿警察署に移動)

刑事(以下、刑) 取り調べますんで。

 取り調べって、どういうことですか? 私は任意でこちらにお伺いしたんですよ。

 あなたはですね、痴漢の被疑者ということなんで。

 ちょっと待ってください! 被疑者というのはどういうことですか!?

 理由は、あなたがね、痴漢したんじゃないかって疑われているわけですよ。

 私は暴行を振るわれて、警察の方が来たから交番に行って、警察署に連れて行かれただけなんですよ! 意味が分かりません!

(警察庁は09年6月の通達で、こうした事件に際しては「早期に被疑者の手指から微物採取を行なうこと」を全国の都道府県警に指示している。信助さんは、大学時代に友人が痴漢被害に遭った際に相手方の代理人と折衝した経験から、刑事に次のように切り出す。)

 指紋とか取れないんですか?

 どっからですか?

 どこ触られたんですか、その女性の方は?

 当然、服の上からですよね。

 じゃ、服の上から何か反応とれないんですか?

 ん~、それはこれからの話だから。

 すぐとって頂きたいですね。

 うん、これからの話になりますんで。

 いや、これからって……。

(取調べはこの調子で延々続く。気丈だった信助さんの声は、時間の経過とともに明らかに弱々しくなり、口数も減っていく)

 あの……。ニュースとか、ドラマで見るような、職場に知らされたりみたいな……。

 そんなことはしない。ハハハハ(笑)!

 じゃぁ……。

 ンフフフ……フフフフ……フフフフ(しばらく笑いが続く)

(中略)

 冤罪で社会生活に支障をきたすような、ドキュメンタリー(番組)みたいなものが世の中にはあるような、そういう支障がある可能性は……。

 だって被害届出すわけでしょ。

 出しますね。

 ねえ(笑)。出すんなら別にね。あとは話がつかなければ、お互いに裁判になるしさ(笑)。

 * * *

 憔悴した信助さんを嘲笑するかのように会話を続ける刑事は、午前4時頃にようやく「取調べ」を終えると、信助さんに署内の長椅子で仮眠をとるよう に伝える。「目が覚めたら帰ってけっこうですから」という刑事の声。その数時間後の午前5時40分頃、ボイスレコーダーには信助さんが目を覚まして立ち上 がる靴の音、トイレで顔を洗うような水道の音が残っている。アザだらけの顔を何度も洗ったのだろうか、水流音は鳴っては止まり、止まっては鳴り、その音が 何度も繰り返される。

「よし、行こう」

 5時45分頃、ため息とともに小さくつぶやいた信助さんは、タクシーの運転手に行き先を「新宿駅へ」と告げると、その約1時間後の午前6時40分 頃、早稲田駅のホームから、向かってくる電車に身を投じ、自らの命を絶つ。処理にあたった牛込警察署から、遺品の一つとしてボイスレコーダーを渡された尚 美さんは、7時間にわたる信助さんの”最後の記録”を聞き終わり、悲しみと怒りで崩れ落ちた。尚美さんが言う。

「とにかく先に病院で治療を受けさせてもらいたかった。暴行を受けたときに、頭を何度も強く打ちつけられていたようで、(「後日出頭」の)確約書に 書いた息子の文字も後で見せてもらったのですが、震えるような弱々しい字で、文字も大きかったり小さかったり、斜めになっていたり……。言葉使い も時間とともにだんだんおかしくなっていますし、精神的に憔悴しきっていたというだけでなく、なにか障害のようなものが出ていたのではないかと思えてなり ません」

日本の学校はよく知っているが、あれほど非人道的な機関に子どもは行くべきではない。
「謝ったら死ぬ病」なる言葉があるが、当方は昔ネット上で話をしていた人に間違いを指摘され、「アッ、これはすみません。私の間違いを謝罪・撤回した上で、新たな議論をしましょう」と言ったら、「お前が謝罪したという事実から、お前とは何も話す価値がないことが判明」と言われ、唖然としたわけさ。

例えば、

無断欠勤が解雇事由に相当する旨の記載がない

欠勤時の賃金減額の条項が甘く、1か月丸々出勤していなくても交通費は減額されないことになっている

みたいな組み合わせで、無断欠勤していても解雇することができず、交通費をずっと払い続けざるをえない状況が発生し得ます。仮に裁判に持ち込んでも和解が落としどころで、ある程度の金額を払わざるを得なくなる可能性があるでしょう。

更に厄介なことに、労働者保護の観点から、就業規則は不利益変更(従業員の不利益に繋がる条項改定)は、従業員の同意がないと、無効と判定されます。つまり、就業規則に脆弱性を抱えていて、悪意のある従業員が存在したら、零細会社であれば普通に破滅です。

 世界一短い小説については諸説あるが、ヘミングウェイが句読点を含んでわずか6語で書き上げたものが最短であろう。
 For sale: baby shoes, never worn.
 わずかこれだけである。
 日本語に訳すとこうなるらしい。
「赤ちゃんの靴売ります。未使用。」
 しかしこれだけの文字が、読む人の想像をいろいろとかきたてる。現代日本であれば「誕生祝をもらいすぎちゃって、余ったから」もありうるが、第一次、第二次世界大戦下を生きた彼の時代を考えると、生まれてしばらくして死んだ赤ちゃん、の存在を想定せざるを得ない。そもそも「新品」とは書いていないのだ。「未使用」。newにすればさらに1語減らすことができる。しかしnever wornとすることにより亡くなった赤ん坊、そして辛い思い出を忘れようとする両親を想起することができるのだ。そしてこの6語自体は、多分バザーに並べた品の説明なのだろう。
 「この靴、いただけますか」「どうぞどうぞ。お子さんがお生まれに?」「ええ、、、ひょっとしてあなたは」「残念ながら」「お気の毒に。うちの子が靴を履いたところを一度ご覧になりますか?」なにかこんな会話が続きそうだ。
 それが縁で付き合いができて、やがて今度生まれた子供は元気に育って、靴を買っていった子と遊んでいる、そんな光景すら想像できる。never wornという表現の寡黙さは、悲しみとともに、いつかは幸せにね、という願いすら喚起するもののようだ。
 また、この小説の呼び起こす感覚は普遍性の高いものらしい。なにしろ現代日本でもこの小説の続きは語られているのだ。
「お年玉です。伊達直人。」
 孤児院に匿名で贈られたランドセルに添えられた短い手紙だが、これについてもヘミングウェイに対してと同じような感情を呼び起こされる。死んだ子どもの年を数え、そういえば今年は、と気が付いた、そんなとき近所の孤児院が目に入ったのだろうか。あるいは送り主自身、孤児で寂かった気持ちを思い出したのか。
 しかしながら、これは小説ではない。「お年玉です。伊達直人」という文字だけでは伝わらないことが多い。ランドセルの画像が必要になる。また孤児院の前に置かれたという場所が提示されなければならない。伊達直人がタイガーマスクの正体という知識がないと効果半減である。
 つまり前提が多すぎるのだ。だからこれは小説ではなくむしろ「自由律俳句」と言った方がよかろう。「伊達直人」は本歌取りのようなものと解釈するのが妥当か。積まれたランドセルの写真の反歌、と考えれば立派な詩である。
 冒頭のヘミングウェイのほかに「最短の小説」の候補として、日本の短編小説の代表者、星新一が紹介し、インスパイアされて本一冊分の小説を書いてしまった
「地球最後の男が部屋にいた。そこにノックの音が……」
というものをあげることもできよう。しかし、これは星新一自身書いているように「怪談」である。それは怪談も立派な小説である。しかしこれでは「落ちはなーんだ」と問うているように見える。だから読者は「クイズ」と受け取ったようだ。代表的な答えは「それは地球最後の女だった。」これではヘミングウェイと比べるわけにはいかない。
 ヘミングウェイがこの世界一の短編小説を書いたのは、6語で小説が書けるか!と賭けを持ち込まれての返答らしい。私はこの賭けの相手も評価したい。負けたくないという理由で笑い飛ばすことも可能だったはずなのに、潔くこのバザーの出品説明を小説と認めた。6語の中に小説を認めたこの人の感覚は見過ごしてよいものではないと思う。
 なぜ認めたか。それはこの6語が強烈なイメージを喚起したからだ。自分の中から物語を引き出したからだ。だから、この小説はすべての小説家、読者、および小説家志望の人間に「小説が小説であるために必要なことは何か?」を提示したのだ。
 後年ヘミングウェイがこの6語の小説を「自分の最高傑作だ」と言ったのは、もちろんジョークだろう。しかし彼が本作品を書き上げ「よし、この6語は小説になった」と確信したときの小説家としてのアイデンティティの高揚、これはひょっとしたら生涯最高の興奮だったかもしれないという気はする。すくなくとも1語のあいまいさも含まない完成度を達成した満足感は絶後のものだったろう。 「服」ではなく「靴」だからこそ、生まれてしばらく元気だったことがわかるのだ。喪失感を醸し出すためには、not wornではだめなのだ。neverでなくては。
 世界一短い小説については諸説あるが、ヘミングウェイが句読点を含んでわずか6語で書き上げたものが最短であろう。
 For sale: baby shoes, never worn.
 わずかこれだけである。
 日本語に訳すとこうなるらしい。
「赤ちゃんの靴売ります。未使用。」
 しかしこれだけの文字が、読む人の想像をいろいろとかきたてる。現代日本であれば「誕生祝をもらいすぎちゃって、余ったから」もありうるが、第一次、第二次世界大戦下を生きた彼の時代を考えると、生まれてしばらくして死んだ赤ちゃん、の存在を想定せざるを得ない。そもそも「新品」とは書いていないのだ。「未使用」。newにすればさらに1語減らすことができる。しかしnever wornとすることにより亡くなった赤ん坊、そして辛い思い出を忘れようとする両親を想起することができるのだ。そしてこの6語自体は、多分バザーに並べた品の説明なのだろう。
 「この靴、いただけますか」「どうぞどうぞ。お子さんがお生まれに?」「ええ、、、ひょっとしてあなたは」「残念ながら」「お気の毒に。うちの子が靴を履いたところを一度ご覧になりますか?」なにかこんな会話が続きそうだ。
 それが縁で付き合いができて、やがて今度生まれた子供は元気に育って、靴を買っていった子と遊んでいる、そんな光景すら想像できる。never wornという表現の寡黙さは、悲しみとともに、いつかは幸せにね、という願いすら喚起するもののようだ。
 また、この小説の呼び起こす感覚は普遍性の高いものらしい。なにしろ現代日本でもこの小説の続きは語られているのだ。
「お年玉です。伊達直人。」
 孤児院に匿名で贈られたランドセルに添えられた短い手紙だが、これについてもヘミングウェイに対してと同じような感情を呼び起こされる。死んだ子どもの年を数え、そういえば今年は、と気が付いた、そんなとき近所の孤児院が目に入ったのだろうか。あるいは送り主自身、孤児で寂かった気持ちを思い出したのか。
 しかしながら、これは小説ではない。「お年玉です。伊達直人」という文字だけでは伝わらないことが多い。ランドセルの画像が必要になる。また孤児院の前に置かれたという場所が提示されなければならない。伊達直人がタイガーマスクの正体という知識がないと効果半減である。
 つまり前提が多すぎるのだ。だからこれは小説ではなくむしろ「自由律俳句」と言った方がよかろう。「伊達直人」は本歌取りのようなものと解釈するのが妥当か。積まれたランドセルの写真の反歌、と考えれば立派な詩である。
 冒頭のヘミングウェイのほかに「最短の小説」の候補として、日本の短編小説の代表者、星新一が紹介し、インスパイアされて本一冊分の小説を書いてしまった
「地球最後の男が部屋にいた。そこにノックの音が……」
というものをあげることもできよう。しかし、これは星新一自身書いているように「怪談」である。それは怪談も立派な小説である。しかしこれでは「落ちはなーんだ」と問うているように見える。だから読者は「クイズ」と受け取ったようだ。代表的な答えは「それは地球最後の女だった。」これではヘミングウェイと比べるわけにはいかない。
 ヘミングウェイがこの世界一の短編小説を書いたのは、6語で小説が書けるか!と賭けを持ち込まれての返答らしい。私はこの賭けの相手も評価したい。負けたくないという理由で笑い飛ばすことも可能だったはずなのに、潔くこのバザーの出品説明を小説と認めた。6語の中に小説を認めたこの人の感覚は見過ごしてよいものではないと思う。
 なぜ認めたか。それはこの6語が強烈なイメージを喚起したからだ。自分の中から物語を引き出したからだ。だから、この小説はすべての小説家、読者、および小説家志望の人間に「小説が小説であるために必要なことは何か?」を提示したのだ。
 後年ヘミングウェイがこの6語の小説を「自分の最高傑作だ」と言ったのは、もちろんジョークだろう。しかし彼が本作品を書き上げ「よし、この6語は小説になった」と確信したときの小説家としてのアイデンティティの高揚、これはひょっとしたら生涯最高の興奮だったかもしれないという気はする。すくなくとも1語のあいまいさも含まない完成度を達成した満足感は絶後のものだったろう。 「服」ではなく「靴」だからこそ、生まれてしばらく元気だったことがわかるのだ。喪失感を醸し出すためには、not wornではだめなのだ。neverでなくては。
158: Ta152 H-0 ◆Tank/JaTuo 2013/11/22(金) 03:30:49.68 ID:FbM8e4w9
»71
糸数慶子議員 高校生と議論もできずフェイスブックを閉鎖
http://ameblo.jp/new-teamokinawa/entry-11618127325.html



↑の件の続きなんだけどさ。
↓みたいなことが起こったんだってさ。


457+4 :日出づる処の名無し [↓] :2013/11/21(木) 02:16:08.72 ID:xpNpYI9u
沖縄の参議院議員、糸数慶子センセイが女子学生にfbで言い負かされて、
怒りが治まらなかったのが学生のHPに

「口だけではなんとでも言えますが、
例えば武器を持った糸数の支援者に取り囲まれても
アナタは同じセリフが吐けますか?
サヨクが好戦的で凶暴なのは70年代の赤軍絡みの事件が証明しています。
サヨクを相手にするのは戦争をしているのと同じことなのです。
アナタは戦争を行う覚悟があるのでしょうか?

親のすねを齧りながらヤリサー相手に違法薬物をキメる
‘いまどきの若年層’が余所からの受け売りだけで安易に愛国をべしゃるのは
迷惑なだけです。
アナタがやるべきことは知ったかぶりで
愛国ごっこに興じる事ではなく性病を治療することです。」

と書き込みしている。
糸数慶子センセイ支持者の下種臭さw


163: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/11/22(金) 03:35:55.05 ID:m0L03Y2P
»158
なにこれ・・・


164: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/11/22(金) 03:36:52.71 ID:4+JNaHR3
»158
一応自分はサヨクだって紹介してるんかこれ?


166: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/11/22(金) 03:37:21.00 ID:qVjp9w3b
»158
こんなのを議員にするのが沖縄県民の民意?
当選したってことはそうなんだろうなあ


177: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/11/22(金) 03:46:14.36 ID:nOWQ5/Pr
»158
これ、ログとっておいて
脅迫されましたって訴える事が出来る位の暴言・失言だよね
あるスウェーデンの父親が、ビデオゲーム「Call of Duty」をプレイしたいと言った10歳と11歳の息子たちに現実の戦争を見せようと、中東へ連れていったそうだ(The Localの記事本家/.)。

この父親はジャーナリストで、大学で教鞭もとるCarl-Magnus Helgegren氏。フリーランスのジャーナリストとして中東情勢を取材したこともあるというHelgegren氏は、息子たちが昨秋Call of Dutyをプレイしたいと言い、ゲームの内容について話すのを聞き、現実の戦争がどのようなものか事前に見せることを計画。春休みにイスラエルとパレスチナ自治区を家族で訪れたという。当初Helgegren氏はアフガニスタンやイラクに連れていくことも考えたが、現在戦闘が行われている場所は危険すぎると判断。戦争の影響を受けているが、戦闘は行われていないヨルダン川西岸地区やゴラン高原などを選んだそうだ。

(続く…)
10日間の滞在中、エルサレム旧市街のような観光スポットを訪れただけでなく、難民キャンプや、毎日のようにライフルの台尻で頭を殴られた子供たちが傷を縫ってもらいにやってくる診療所なども訪れ、周辺の人々の生活状況も目にすることとなる。息子たちは帰国後、どんなゲームをプレイしてもいいとの許可を得たが、結局Call of Dutyはプレイしないことにしたとのこと。この旅は楽しいものではなかったが、息子たちはいつかまた行きたいと話しているという。

ところが、最近になってHelgegren氏がこの経験を記事にして掲載したところ、「世界最悪の父親だ」といった批判が寄せられたという。Helgegren氏は批判する人々について、最後まで記事を読んでいないのではないかと分析する。現在は戦闘が激化しているイスラエルだが、家族が訪れた当時は状況が異なる。中東は常に戦地であると誤解している人も多いようだ。ちなみに、最も手厳しい批判は子供のいない人々からのものだったとのことだ。
米国の平均寿命はG20の中では例外的に低い。これは皆保険がないせい。このため米国は,先進国がどこも苦しんでいる高齢化の問題から比較的自由でいられる。これこそが真の理由。